« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

スパニッシュな館にうっとり@小笠原伯爵邸

ちょっとランチをするのは勇気がいるお値段ですが、無料で見学ができるというとても良心的なレストラン。小笠原伯爵邸です。

実は昨年の8月に見学会に予約していたのに仕事が忙しくて行けなかった・・・(涙)その悔しさのリベンジを果たしに行ってまいりました。一度行ったことのあるというrieさんをお誘いして。

玄関にはブドウと蔦の飾りが施されて、中のステンドグラスがちょうどかごの中の鳥に重なるように配置されています。

1


そのステンドグラスにも鳥が。

12

玄関を入ってすぐの優美な曲線のアイアンワークに惹かれました。

13

客室だった部屋にはシャンデリアやステンドグラスが入った窓、壁には花のレリーフがあり、華やか。

3

4

こちらは男性用のシガールーム。イスラム風のお部屋がシックです。

81

天井には星が。

5

大理石の床にも星が。

6

部屋の中央にある星を見据えながら話す男達は、この国の中枢にいた人達だったのでしょう。

部屋のなかにある扉。この取っ手が気になりました。

8


こちらはご婦人の部屋。今はトイレが設置されています。ピンクの壁にカーテン、お花の形のシャンデリアはとってもラブリー。

10

2階にあがってみると、ここは東南アジア風のインテリア。窓が大きくて明るいし屋上のバルコニーを眺めて開放感も感じる、リラックスした雰囲気です。

12_3

この部屋の照明は、バラの形をしてました。お休みの日にこんな部屋でのんびりできたらいいなぁ。

11_2

ちょっと外に目をやるとお花が見えます。いいなと思うものの、自分の家ではなかなかできない・・・。

13_3


2階のバルコニーには、中庭から上がることができます。

17

中庭にもちょっとしたレリーフや彫刻が置いてあって、日本じゃないみたい。

16_2

15_2

ふと2階を見上げるとすっかり日が傾いていました。テラコッタの壁に映った木の影に、桐島先生が訪れたモロッコの夕暮れを思い出しました。

14_3


さて、そろそろお庭へ移動します。玄関前のひさしもツタとブドウです。

2

この可愛い壁の内側があのシックなシガールームなのです。何とも対照的。

18


一つ一つが可愛くて、見ていて飽きないモチーフ達。

20


噴水の周りにも小鳥がいました。資料をみると『小鳥の館』と言われていたそうです。

21

一時はとても荒れていたそうですが、現在は建物の様式と同じスパニッシュレストランとして活用されているそうです。

9


今度はバラの花の咲くころ訪れたいです。rieさんお付き合いいただいてありがとうございました。

歴史探訪@小石川後楽園

そろそろ梅が咲いてるかな、と小石川後楽園を訪ねた午後。園に入るとすぐに「ガイドツアーに参加しませんか?」と声をかけられました。「誰もツアーに参加する人がいないのか・・」と察し、初めて来たことだし1時間のガイドを聞くことにしました。

まずは橋を渡ります。その名も「渡月橋」。もちろん、京都の嵐山の風景を再現した場所ということでした。川の名もそのまま大堰川です。

赤い橋が見えますが周りには紅葉が植えられていて秋は紅葉が川面に映りとてもきれいだそうです。

3v0a0277



この赤い橋をバックに、東京メトロのCMで石原さとみちゃんが可愛く写っている場所です。


オカメザサでおおわれた、円い築山の上に登りました。高層ビルと東京ドーム、大きな松と池が見渡せます。伝統的な日本庭園と近代的な建物が一緒に見える風景は、海外のお客さんが好む場所だそうです。確かに、昔この庭園を築いた人が、今は高層ビルやドームを作っているのですからね、どこか通じるものがあると思います。

17




この建物は、光圀18歳の時、史記「伯夷列伝」を読み感銘を受け、伯夷、叔斉の兄弟の木像を安置した堂です。

18_2

光圀は3人兄弟の末っ子でありながら、6歳の時に水戸藩の藩主になりましたが、お兄さんに対してとても申し訳ないと感じていたのだそうです。

この「伯夷列伝」の兄弟も同じような境遇でした。国の跡継ぎに決まった弟は『自分が家出をしたら兄が後継者になる』と考え、また兄も『自分がいなくなれば弟が自分を気にすることなく後を継げる』と考え、二人友がそれぞれ家出をし、最後には亡くなってしまうのです。

光圀の兄は高松藩主になったのですが、互いの子供をそれぞれの藩の養子にし、今では水戸藩主の家系はお兄さんの血筋が残っているそうです。

ここまで話を聞いた香川県高松市出身の私。高松藩の藩主が「松平」だったことに初めて気づきました(汗)。さらに今は茨城県に住んでいるという、ご縁を感じたエピソードでした。

そんな感じで、すっかりガイドさんの話に引き込まれて歩きます。

こちらは円月橋。文字通り丸い月が見えるように水面に橋が映っています。岩の間に入り込んだ木の根のを取り除くために解体していた時期があり、その間に東日本大震災が起こったそう。もし修理をしていなければ崩れたかもしれない、という何ともラッキーな橋です。
19




園内の木々はとても手入れが行き届いています。古いお庭だけに枯れかけた木もありますが、できるだけ当時の様子を再現するために植え替えているそうでした。

11





日本中の美しい風景をぎゅっと詰め込んだ贅沢なお庭。当時の様子を見てみたいなぁと想いを馳せました。しかし、すでに3時になろうとしています。慌てて梅園に戻りました。

まだ3分咲きくらいでしょうか。それでも良い香りが漂い、訪れる人は皆、写真を撮っていました。

少しずつ花が咲く梅の木を見ていると、シュワシュワはじけるソーダの泡を思い出して、そんな風に撮りたいと毎年思っているのです。

4





これはちょっと大人っぽい紅色。

8





とても仲良しさんに見えました。

2

花の色で白梅、紅梅と言いますが、木材として白梅か紅梅か見分けるのは花の色ではなくて、幹の色だって知ってましたか?紅梅の木は切ると断面が赤いそうです。

水戸の偕楽園は梅が有名ですが、ここから梅の木を移して作ったそうで、偕楽園の梅の実から育てた「里帰りの梅」という木もありました。

7

蝋梅はすでに見頃を過ぎておりました。

3v0a0321


梅のつぼみには『ほっこり』という言葉がぴったりだな、と思います。

5_2


優しいピンクの椿に見送られて帰ろうとしたら、

9





門の模様が可愛かったので背景としばし格闘し、小石川後楽園を後にしました。

10





この後、飯田橋から早稲田に向かいました。

12




目的地は早稲田にある穴八幡宮です。今年で11回目になるお札を買いに来ました。

長男の中学受験に付き添いで来た時、試験を待ってる間お参りでもしようと境内に入ったら、お札を買う人の列にびっくりしたのが最初でした。実は金運アップ・商売繁盛の神様が祀られているので有名な神社だそうです。

13

長男が在学中は買ってきてもらえたのですが、今はわざわざ買いにきています。しかも、御札を売るのは冬至から節分の間だけ。そのためだけに来るのはやや億劫なのですが、御札に守られてこの経済状態かと思うと、買わずにはおれない少市民です。

15


御札は貼る方向や時刻が決まっています。

14

今年もご利益がありますように。


16

やれやれ、これで一安心です。

今回、カメラは持っていたもののスマホで撮ったものも多く、日記として読み飛ばしていただければ幸いです。

それではまた。

 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »