« PhotoCafe*秋の美術館巡り~星の王子様とガラスの森 | トップページ | 晩秋の上野で『四季を撮る』@桐島寫眞表現研究室 »

PhotoCafe*秋の美術館巡り~彫刻の森美術館

二日目もお天気に恵まれた箱根彫刻の森美術館です。入園してすぐ目に飛び込む風景。

ひっろーーーい気持ちいい~(心の叫び)

1_2

この日の抱負に「広大な写真を撮りたい」と口走った私。道具はあるけど(ズームレンズ28-300mm)できるのか・・・?(不安)



空に向かって叫んでいるのか、それとも絶望に空を仰いでいるのか気になった人。

3_3



小さな柿が鈴なりになってとても可愛い。

6_2



連休かつ絶好の行楽日和。箱根は紅葉も進んでそりゃあもう大変な人です。子供が電車に手をふる微笑ましい風景を久しぶりに見かけました。きっと電車の中の人も思わず手を振っていたはず。

5_2



おっと、こんなところにデス・スターが。SWの世界は4年前まで全く分からなかったのですが、スターウォーズ好きな友達にBlue-rayBoxを借りて一気見したことで、やっと話についていけるようになりました。いよいよ新作が公開されるようで楽しみです。

2_2



見上げるとまっすぐに力強く伸びる幹。

4_3



紅葉の表現を先生に習いました(で、でも、ピントが・・・)。記録として残しておきます。

3v0a7308



そして午前中のメインポイント。高さ18m、内径は8mの塔は、幸せを呼ぶシンフォニー彫刻。

7_2



円筒形の建物を構成するのは、ステンドグラスと中央のらせん階段。階段をぐるりと取り囲むステンドグラスは圧巻の規模で、自然光が差し込んできらきらと光っています。本当に晴れて良かった。

11_3



これはフランスの芸術家ガブリエル・ロワール氏の作品。敬虔なカトリック信者の家に育ち、ステンドグラス職人として宗教的な作品を数多く残している方でした。

8






全体を眺めるのも美しいですが、一つ一つのモチーフの表現に温かみがあって可愛いのです。

13_2


ロワール氏にはお子さんが沢山いらして、ステンドグラス職人としての開業を待つ10年の間、子供向けの印刷物の絵を多く描いていたそうです。そんなところがモチーフに表れているのかも知れません。

10



フクロウのブルーに惹かれました。後で知ったのですが、ロワール氏が本拠地としたシャルトルには世界遺産の大聖堂があり、そのステンドグラスのブルーはシャルトル・ブルーというのだそうです。

9_2



ステンドグラスを直接写すことしかできずにいたところ、先生に映り込みを生かした写真を見せていただいて、それに習って撮りました。

16_2



まきちゃんのオレンジの靴がオレンジの光に包まれて可愛かったです。

15_2



塔の上の展望台から下を眺めると、塔に吸い込まれていくように足跡が。それにつられて歩く人も吸い込まれるように見えますね。影が面白いなと思って、わざと写真を横向きにしました。

12_2



お昼にアイスを食べて何だか寒くなったなぁと思って歩いていたら、コーヒーを売ってました。渡りに船とはこのこと。しかもラテアートまで可愛い。思わず枯れ葉を散らして記念写真。
18_2



黄色い花との先にあるトンネルはどこに続くのかワクワクさせられました。なんだか自分の気持ちも子供に戻ったみたいです。

17_2



小川を渡って不意に見上げた視線の先に、光る木が神々しくて。

19_2



この辺で皆さんと合流してシャボン玉の遊具に到着。目の前の子供の動きを眺めていると裸足で駆け上がっていく様子がとても力強かったのが印象的でした。沢山遊んで大きくなって欲しいな。

20



強羅駅でケーブルカーがおりてきました。実家近くの山にケーブルカーがあったのですが、途中で上りと下りが交差するんです。交差するところを見たら願いが叶うとか、両想いになるとか言ってたなぁ。何の根拠もなかったけど(笑)

21






宮ノ下の富士屋ホテルに到着。初めて入りましたが、格式と歴史をひしひしと感じる場所でした。

23




天井に映る光が広がって。

22




クラシカルな調度品達はそれだけで絵になります。

26




来訪の記念にアップルパイと紅茶をいただきました。結局、集合時間までここでまったりしてしまいました。

24




帰りは激混みの登山鉄道に何とか乗れ、箱根湯本駅では座ることができ、小田原駅でとんだハプニングもあり(お二人には申し訳なかったですがあんなに笑ったのは久しぶり)、無事に旅を終えることができました。

今回も大変お世話になった桐島先生とさくまさん、そしてお付き合いいただいた参加者の皆さん、ありがとうございました。またご一緒できる機会を楽しみにしています。

それではまた。

« PhotoCafe*秋の美術館巡り~星の王子様とガラスの森 | トップページ | 晩秋の上野で『四季を撮る』@桐島寫眞表現研究室 »

写真にまつわること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PhotoCafe*秋の美術館巡り~彫刻の森美術館:

« PhotoCafe*秋の美術館巡り~星の王子様とガラスの森 | トップページ | 晩秋の上野で『四季を撮る』@桐島寫眞表現研究室 »