トップページ | 2017年4月 »

いつもそこにある風景―3月編

最近、赤ちゃんが生まれたお知らせをいただきました。ミルクをあげるお父さんの様子がぎこちなくて、一生懸命で、愛に包まれたご様子を拝見して、幸せのおすそ分けをいただけた気持ちです。

親というものは仕事だから、親業という考え方があるそうです。親業講座なるものを受けたことがあって、もっと早くこれを聞いておけばよかったなぁと思ったものです。ただ健やかに優しい子に育ってくれればと思っていたのが、いつの間にか「~しなくちゃいけない」ってことが増えてきて、自分が導いてやらなくちゃと焦ったり、嵐のような思春期を過ごしたり、改めて自分の子育てを思い返すきっかけになりました。そして、ようやく少し自分のやりたいことができる余裕ができて、その頃カメラと出会ったのもタイミングだなぁと思いました。

というわけで、3月の徒然なるままに撮った写真をご紹介しようと思います。もう3月も終わりですものね・・・新年度が目の前です。

3月1日 合同展で展示したinnocent worldのバラは赤い実をつけました。まだここは空き家ですが、新しい芽も出て、たくましく生きている様子に嬉しくなりました。
31

3月2日  夕飯のナポリタンに入れるピーマン。炒めてたら形がかわいいなぁと思ったのですが、これではあまり伝わらないですね・・・(汗)

32

3月3日  1月の桐島寫眞研究室でモノクロを学んだので、時々モノクロに合いそうな被写体を考えること撮ることが増えました。
33


3月5日
やっと春の気配を身近に感じられるようになって、はっとしたのです。冬が終わってしまうって。寒いし緑も花も少ない季節だけど、冬しか撮れない写真もあるはずで、この冬を撮りきれたのかなぁと。あわてて冬らしいものを探してみたのですが、空も木々も冬の姿から形を変えていたことに気づきました。
35

3月7日
先月の床屋の看板がかわいいと思えるのは、こんなバラやグリーンが丁寧に植えられているからかもしれません。駐車場からの車の出入りを示すオレンジ色の電灯が光るので不思議な雰囲気に見えました。
37

3月8日 仕事が終わって空を見上げたら月と星がきれいだった日。暮れきってしまう前の空を好きな色に染めてみました。
38

3月9日  やわらかい朝日に照らされて。
39

3月10日
空がきれいだとそれだけで嬉しくなります。『信号と空』第2弾。第3弾の候補は決めてあります(笑)
3102

3月14日 雨。マクロレンズを使ってみました。雨の日にしか撮れないものってなんだろな、と思いつつ。晴れてるとピンと背を伸ばしている菜の花も、雨に打たれて首をかしげています。
3142

3143

3141

3月16日
お星さまを思い出しました。

316

3月16日
仕事が終わってビルから出た瞬間、日が伸びたのを実感した日

3162


3月17日 ここを絵に描いたら色彩がモディリアーニみたいだな、と思いました。彼の描く人物もこんな花のイメージ。
317

3月19日 近所で自生しているムスカリ。お家で植えた種が道端で増殖したようです。この花の名を知ったのも写真を撮り始めてからでした。ひそひそ話が聞こえてきそうです。

319_2

3月21日 実は本屋なのですが、おそらく本屋としては営んでいないような気がします。ご主人の趣味が高じて店内もアメリカンカントリー風。入ったことは1回ありますが、何が売り物なのかよく分からなかった・・・。
321

3月25日 うちの目の前のおうちの椿はとっても形がよくて、みんなふっくらふわふわしています。思わず触りたくなる質感。

325

3月27日  北千住のO'keeffeというカフェ。スコーンの焼き上がりと外のボケの花が春ののんびりした雰囲気にとても合っていました。
3272

古い民家を改造した店内にドライフラワー。まるで時間が止まっているようです。
3273

今回もお読みいただいてありがとうございました。
昨日、壊れたフィルムカメラの代わりを息子に選んでもらいました。これでレンズがやっと使える~。機械式のフルマニュアルなのでちょっと心配ですが、練習するのが楽しみです。
それではまた。

いつもそこにある風景―2月編

カメラを持って出かけても行動範囲がとても狭くて、半径100mくらいでしょうか。本当は撮影のために遠出したいのですが、なかなかそうもいかないのと、田舎に住んでいてご近所のおうちが大きくいろんな庭木があるので、勝手に楽しませてもらいつつ、撮らせてもらうことが多いです。
年初にカメラを新調したのですが、その存在感に負けてしまいそうだったので、カメラに使われるのではなく使うんだ!という使命感に駆られ、自分の中で「毎日Instagramに1ポスト」することにして、1時間半の通勤中もカメラを持ち歩き、少し早く家をでて通勤路の花を撮ったり、昼休みや帰り道で・・・という感じで1か月ほど過ごしました。



今日は前半、2月中に撮った写真をご紹介します。
2月17日 駅のホームから空がきれいだなと思って。
217


2月18日 のんびり居心地のいいところ。(O'keeffe  @北千住)
218



この日は小林敦子さんのライブペインティングがありました。

2182

2183



2月21日 疲れてたどり着いた最寄り駅で、つるし雛の笑顔におかえりと言ってもらった気がしました。
221

暗い部屋のお雛様をそうっと覗いた子供のころを思い出して。
2212



2月22日 年度末繁忙期突入した仕事帰り、暖かい照明の色にほっ・・・。
2221



2月23日 スタバはもう桜。気持ちだけでも春を感じて。

223


2月24日 久しぶりに長時間露光をやってみて。
224



2月25日 ふんわり優しい香りの雰囲気を出したくて。
2251

東京キャットガーディアン”ネコサツ”にて
2252


耳が可愛い。
2253



2月27日 いつも気になっていたおしゃれな看板・・しかし後ろのオレンジの電灯は入れたくなくてしばし格闘したのですが、出勤前で時間もなくなりここで終了。
227


つたない写真と文章をお読みいただきありがとうございました。

次回は引き続き3月に撮った写真をご紹介したいと思います。

さくら、はじめました。

東京でも開花宣言があった数日後、靖国神社の標準木を見に行きました。

どこかなぁ・・・と見まわしたら、すでに人だかりが。

ああ、そこなのね。

Hyoujunboku_3

開花宣言は標準木に5から6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日、
ということで東京は3月21日だったそうです。
21日はあいにく寒い雨だったので、翌日お天気になったから
皆さん見に来てたんですね・・・。
道路の脇にも桜がちらほら咲き始めていました。
そして、圧巻だったのはこちら。靖国神社と道路を挟んだ歩道に
立派な枝垂桜が。7割咲きくらいでしょうか。
Sidarezakura

全体を撮ろうとするとどうしてもビルが入ってしまうのが都会のつらいところ。
ちょっと寄ってみました。控えめなピンクが好きだなぁ。
もうすこし明るく撮りたかったです。
Sidare2_3



繊細な枝も。
Sidare4




昨年、たまたま別の場所で撮った枝垂桜の写真がとても気に入っていて。
Sidare3

今年も咲くかなぁと楽しみにしていたのですが、この間通りかかったら
影も形もなくなっていたのです。
寂しかったと同時に写真に残せてよかったなと思ったり。
この木を見つけた時、すぐに「このピンク撮りたい!」と思って駆け寄ったんですね。
(出勤前で残り時間が少なかったし)その気持ちは今も鮮明に覚えていて。
余談ですが、家族が野球をやっていて、彼らは誰にどういうボールを
投げて、打たれたとか打ったとか、全部覚えてるというのです。
それを聞いてかなーり疑心暗鬼だったのですが、自分が写真を撮るように
(何を感じたかを撮ろうとするようになって)一枚一枚にその時の気持ちが
蘇るのはそれと同じなのかな、とやっと理解できるようになりました。
桜の写真が続きます。
Tonngatta
これは花びらの形が少しとがっていて、本当に枝の先のつぼみが
開いたところ。最近はいろんな種類の桜があるんですね~。
寒緋桜とか写真を始めるまで知らなかった。
優しい感じに。
Kannhi2


青空と一緒に元気よく。
Kannhi3




盛りを過ぎ散り始めた花を惜しんで。
Kannhi4


最後に20年も住んでた街で初めて気づいた早咲きの桜。
立派な大木です。
Toride1


しかも何気なく通りかかったのが夕方という、タイミングの悪さ。
残り少ない時間に気が焦ってしまって、心残り。
来年はもっと早く見に来るからね!
Toride2
初めてのブログ、最後までお読みいただいてありがとうございました。

トップページ | 2017年4月 »